あまり関わりのない・話したことない先輩へのメッセージの例

部活の引退・卒業などの際に、あまり関わりのない先輩・話したことない先輩へメッセージを贈る場合、
特にエピソードもなく書くことに困ってしまいます。

特に手紙寄せ書きなどの場合、自分だけ書かないわけにもいかず、
先輩なので失礼のないようにする必要もあります。

今回の記事では、そんなあまり関わりのない先輩・話したことない先輩へのメッセージの文例を取り上げます。

スポンサードリンク

あまり関わりのない・話したことない先輩へのメッセージの例

それではメッセージの文例を紹介していきます。

いくつかパターンを用意したので、状況に応じて使い分けるなどしてください。

▼文例1
先輩とはあまり話す機会がありませんでしたが、
いつも真剣に練習に取り組んでいる姿が印象的でした。
私も先輩みたいになれるようこれから頑張っていきます。
▼文例2
先輩はいつも堂々としていて、部活をまとめている姿がとてもカッコよかったです。
あまり話せなかったのが心残りですが、
私も先輩を見習って、堂々とした立ち振る舞いを身に着けたいと思います。
▼文例3
先輩が試合で活躍している姿は、いつも私の憧れの的(まと)でした。
私も先輩のように試合で活躍できるよう頑張ります。
短い間でしたがありがとうございました!

先輩とあまり話したことがなくても、活躍している姿や頑張っている姿は見てきた人が多いと思います。

そのような傍から見てきた印象・イメージを述べるのはおすすめです。

スポンサードリンク

▼文例4
先輩の周りにはいつも人が集まっており、いつも持ち前の明るさでサークルを盛り上げてくれてましたね。
もっといろいろとお話したかったです。
また時間がありましたらサークルにも遊びにきてくださいね。
▼文例5
先輩には最初の新入生歓迎会の時に優しく話しかけていただき、
それまで緊張していた私は、それでホッとしたのをよく覚えています。
短い間でしたが、今までお世話になりました!

先輩とのエピソード・思い出が少しでもあるなら、それを盛り込むのがおすすめです。

先輩自身は覚えていないかもしれませんが、
きっと昔のことを思い出して懐かしくなると思います。

▼文例6
先輩、ご卒業おめでとうございます。これまで三年間お疲れ様でした。
どうかお体にお気をつけて、次のステージでも頑張ってください!
▼文例7
短い間でしたが、お世話になりました。
先輩の今後のご活躍をお祈りしています。
また近くにいらした際は、部活へ遊びにきてください。

どうしても書くことがなければ、このような形式的なメッセージで済ませてしまってかまいません。

このように応援されて悪い気持ちはしませんし、
そのような間柄なら、先輩としてもあまり具体的なメッセージは望んでいないと思います。

以上、あまり関わりのない先輩・話したことない先輩へのメッセージの文例でした。

部活の引退・卒業などの際に手紙や寄せ書きを書くなら、
今回紹介したフレーズをぜひ参考にしてみてください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする