高校の欠席連絡の仕方!マナーは?本人がしてもいい?

高校をなんらかの理由で欠席する場合、高校に連絡を入れなければなりません。

連絡なしに欠席すると、無断欠席と扱われ、進級や卒業などに影響しかねません。

今回の記事では、そんな高校を欠席する際の連絡の仕方・マナーについてまとめてみました。

スポンサードリンク

高校の欠席連絡は本人がしてもいい?

まず、そもそも高校の欠席連絡は誰からすればいいのか?

この点については意見が分かれるところですが、親(保護者)からするのが一般的といえます。

高校はすでに義務教育ではないですが、一応高校生はまだ未成年という立場です。

高校を欠席するという重要事項は、親から伝えてもらうのが基本となります。

もっとも、親が早くから出かけていたり、親にバレずに高校を休みたい場合など、自分から連絡しなければならないこともあるでしょう。

その場合は、高校にもよりますが、自分から連絡してもかまいません。

厳しい高校だと、

なぜ親(保護者)から連絡してこないんだ

などと言われることもありますが、親から連絡できない理由(すでに仕事に行っているなど)を説明すれば、基本的にそれ以上突っ込まれることはないでしょう。

ただし、高校側としてはズル休みされるのを防ぐため、後から親に連絡して欠席の理由を確認することがあります。

親にバレずに高校を休みたくても、こうなってしまったらアウトです。

確認されるのを防ぎたいなら、

・あくまで親の代理で連絡しているんだ

という点を強調しておくといいでしょう。

スポンサードリンク

欠席連絡をする際のマナーは?

高校に欠席連絡する際は、連絡する時間帯に注意しましょう。

あまりにも早い時間帯だと、先生や職員さんが出勤してきていない可能性があります。

目安としては、高校にもよりますが、7時30分~8時15分の間くらいがベストです。

生徒手帳やHPなどに連絡時間が書いてある場合は、その時間帯に従うようにしましょう。

そして、欠席連絡の際は以下の点を伝えるようにします。

◆1. 自分は本人か保護者か
◆2. 学年・クラス・名前
◆3. 学校を欠席する旨
◆4. その理由(体調不良など)

この時、担任の先生に取り次いでもらうかはケースバイケースです。

電話の初めに、

○○先生(担任の先生)はいらっしゃいますか?

と聞いてもいいですし、電話に出た人にそのまま上記の点を伝え始めてもかまいません。

伝え始めた段階で、

では担任の先生の代わります

と言われたら、素直にその指示に従い、また改めて担任の先生に上記の点を伝え直すといいでしょう。

今回のまとめ

以上、高校を欠席する際の連絡の仕方やマナーについて書いてきました。

高校の欠席連絡は、中学校までと比べればゆるい場合が多いですが、連絡する際は以上の点に注意するようにしましょう。

ちなみに、親に成りすまして電話をかけるのは基本的にはバレます。

後から大変なことになるので、くれぐれもやらないようにしましょう。

※関連記事:高校での赤点の基準は?とったら即留年になる?

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする