雨乞いの簡単なやり方!雨を降らせる方法はこれ! | スクールレスキュー

雨乞いの簡単なやり方!雨を降らせる方法はこれ!

 

雨が降るよう神に祈る、雨乞い。

水不足が深刻な地域や、野菜などを育てている場合には雨は切実な問題です。

また、学生であれば運動会や部活などが中止になってほしい場合など、「雨が降ってほしい」と願ってしまうことはあるでしょう。

そこで今回の記事では、雨乞いの簡単なやり方を中心に、雨を降らせる方法を紹介していきます!

もちろん、明確な科学的根拠があるものは1つもありませんので、その点はご注意ください。

雨乞いの簡単なやり方はこれ!

 

雨乞いのやり方は、実は国や地域によってさまざまです。

日本でもその地域によってやり方はかなり変わっていて、

・雨乞いは絶対にこうやるべき!

という明確なルールは存在しないようです。

ただ、それでも日本で比較的有名なものとして、以下の「たき火式雨乞い」があります。

①たき火式雨乞い

この雨乞いは、野山などの山頂へ赴き、火をたきながら神(天)に祈るというものです。

天に向かって祈るわけなので、場所は高ければ高いほどよいとされています。

たき火の着火が終わったら、火の周りを回りながら、とにかく「バカ騒ぎ」をします。

以下の動画を参考に、笛や太鼓などを使って音を鳴らしたり、踊りを捧げたりするといいでしょう。

少し恥ずかしいかもしれませんが、雨乞いのメインはこれらの演奏や踊りなので、ここを避けて通るわけにはいきません。

逆に、仮に山頂へ行って火をたかなくとも、天に向かって大騒ぎさえすれば、それだけで一応雨乞いは成立します。

山頂で火をたくのは、たき火によって煙や塵が空中に上がっていき、「それが雨粒の種になるのではないか?」という一種の憶測に基づくものです。

これを「シーディング法」といいます。

もっとも、ちょっと火をたいたくらいではとてもシーディングなどできないので、やはりたき火はおまけ程度のものといえるでしょう。

②神社へ行って神に祈る

以上からもわかる通り、雨乞いとは神様にお祈りをする行為です。

だとすれば、より直接的に神社などへ行って神に祈るのも、雨乞いの有効な方法となり得ます。

もし明日から雨が降ってほしいと願うなら、ぜひ今からでも近くの神社へ行き、神様にお祈りを捧げましょう。

③てるてる坊主を利用する(ふれふれ坊主)

より簡単な雨乞いのやり方として、てるてる坊主を利用する方法もあります。

てるてる坊主はご存知の通り、普通は天候を晴れにするために使うものです。

しかし、実はてるてる坊主を逆さまに吊るせば、逆に雨を降らすことができると言われています。

てるてる坊主は普通、白い生地(ティッシュなど)で作りますが、ここも逆に黒い生地で作るといいでしょう。

さらに、てるてる坊主はダルマなどと同様、願いが叶うまでは左目を描きませんが、ここも逆に描いてしまって大丈夫です。

すべてを「逆」にすることで、吊るすと雨を降らせてくれるふれふれ坊主が完成します。

【ふれふれ坊主のポイント】
①逆さまに吊るすこと
②黒い生地で作ること
③両目を描いてしまってOK

④雨男・雨女に来てもらう

「この人が来ると必ず雨が降る」

という雨男や雨女の人がいれば、その人に来てもらうのも1つの手です。

普段は敬遠されがちな存在ですが、こと雨が降ってほしいときに限っては、これほど頼もしい存在はありません。

また、生き物でいえばカエルやヘビ、カメなどの生き物は、雨と非常に関わりが深いとされています。

これらの生き物に祈りを捧げてみたり、たくさん捕まえてくるのも有効な方法といえるでしょう。

今回のまとめ

以上、雨乞いの簡単なやり方を中心に、雨を降らせる方法を紹介してきました。

繰り返しとなりますが、科学的な人工降雨の方法というのは、残念ながら今のところ存在していません。

もしそんなことができたら、世紀の大発見となるでしょう。

科学的な方法ではありませんが、今回紹介してきた方法は、どれも日本に古くから伝わるものばかりです。

ぜひ一度試してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました