【部活送迎】子供が車に乗せてもらう時のお礼(お菓子やLINEメッセージ) | スクールレスキュー

【部活送迎】子供が車に乗せてもらう時のお礼(お菓子やLINEメッセージ)

部活の遠征の際の送迎や、遊びに連れていってもらう時など、子どもが他人の車に乗せてもらう機会は意外と多いです。

自分が車を出せず、もしくは持っていない場合であれば、これほどありがたいことはないですが、お礼には結構気を遣うと思います。

子どもが他人の車に乗せてもらう(乗せてもらった)時のお礼としては、どのようなものがふさわしいのでしょうか?

もしくは、そもそもお礼自体必要なのでしょうか?

今回の記事ではこうした点について考察してみました。

子供が車に乗せてもらう時(もらった時)お礼は必要?

まずそもそも、「感謝の言葉」という意味でのお礼であれば、これは確実に必要でしょう。

子どもにもお礼をしっかりと言うように念を押しておく必要がありますし、保護者としても乗せてもらった後、相手のママさんなどにしっかりとお礼を伝えるのがベターです。

直近で会う予定があるならその時に伝えてもいいですが、乗せてもらった日の夜にメールやLINEなどで伝えておくとより丁寧です。

現金やお菓子などを渡すか否かについては賛否両論がありますが、お礼の言葉については、特に走行距離や走行時間、目的、実費などに関わりません。

これは車に乗せてもらう場合に限りませんが、やはり一番いけないのは、

「他人に何かをしてもらうのが当たり前のこと」

だと思ってしまうことだと思います。

私自身、世間のルールや常識などはそこまで気にするほうではないですが、このような態度で人に接する人とは、申し訳ないけど距離を置かざるをえないなと思ってしまいます。

少し話は逸れましたが、お礼の「言葉」が過剰になりすぎるということもそうそうないので、ぜひその日の晩に一度、次会った時にもう一度、くらいは言っておくといいでしょう。

お礼メッセージの文例(LINEやメール)

▼文例1
今日は子どもの送迎ありがとうございました!
私も主人も仕事で都合がつかなったので、本当に助かりました。
次は私たちが送迎するので、もしまた遠征がある時は私たちに任せてください。
▼文例2
今日は子どもを遊びに連れていってくれてありがとうございました。
子どももとても楽しかったと言っているので、私も主人もとても感謝しています。
今度は私たちが車を出すので、またぜひ遊びに行きましょう!
▼文例3
今日は子どもをうちまで送ってくれたとのことで、本当にありがとうございました。
いつも一人で帰ってくるよう言っているのですが、○○さんの優しさに甘えてしまったようです。
またお暇なときにでもうちに遊びに来てください!

子供が車に乗せてもらった時のお礼・お菓子・お金など

感謝の言葉は当然伝えるとしても、お菓子や現金などのお礼は必要なのでしょうか?

この点についてはやはり、走行距離や走行時間、かかった費用などによって変わってくるでしょう。

「ちょっと近くまで送ってもらった」とかであれば、お菓子や現金などを持っていくのは、逆に相手に気を遣わせてしまいます。

他方で、例えば部活の遠征などで片道○時間、などといった長距離・長時間の運転となると、他人の子供を預かるのは結構神経を使いますし、それ相応のお礼はあったほうがいいでしょう。

乗り合わせなどで保護者も乗車しているなら、その場その場で実費(高速代、ガソリン代、駐車場代、食事代など)を折半するという方法もありますが、そうではない場合、結構お礼の品をどうするのかは難しいです。

一般的に言って、その場で折半するのでない限り、あまり後から現金の受け渡しをするのは気分のいいものではありません。

もちろんかかった費用分の現金を要求してくる人も稀にいるので一概には言えないですが、基本的には今後の関係を考えるなら、お菓子や商品券などがいいでしょう。

部活の送迎などであれば、乗車の際に子どもにペットボトルのジュース・スポドリなどを持たせておくのもいいですし、

こうしたお菓子であれば、そこまで仰々しくもならないので後から渡すのにおススメです。
もしあまりにも長距離・長時間であれば、もう少し高級なお菓子や、現金を包んで渡すという方法もダメなわけではないです。
しかし、例えばもし部活の活動などで頻繁にそういう状況になるようであれば、保護者会などで送迎の際のルール・費用の分担方法をあらかじめ決めておくのがベストといえます。
送迎する人・運転する人の負担が増えれば増えるほど、やはりそれだけトラブルも生じやすいですし、お礼をめぐって価値観が衝突することも増えてきます。
今回はとりあえずお礼をしっかりするとしても、そのような状況であれば今後はしっかりとルールを作っていくべきでしょう。

最終的には相手方との関係性次第

色々と書いてきましたが、お礼をどのくらいしっかりするのかは、最終的には相手方との関係性次第ということになるでしょう。

まだ面識が浅いのであれば、ある程度しっかりとしたお礼をする必要があるかと思いますが、関係性が出来上がっているなら、

・次は自分のほうが子どもを遊びに連れていく(送迎する)と言う
・自宅に招いてパーティーをする

など、現金や物を受け渡さないやりとりをするほうがいいかもしれません。

もちろん、その都度お礼(感謝の言葉)はしっかりと言うことは前提です。

上で取り上げたLINEの文例は、こうしたことも意識してまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました