書き初めに使える6文字の言葉!おすすめを一覧で紹介!

今回の記事では、書き初めで使える6文字の言葉を紹介しています。

※関連記事:書き初めで書く言葉!3文字でおすすめは?熟語も紹介!

6文字にもなると、すべて漢字の有名な言葉を探すのは難しく、一部ひらがなを混ぜるのが通常です。

新年ということで、一年の抱負や目標などを表す言葉を多めに選んでみました。

以下から一覧で見ていきましょう。

スポンサードリンク

書き初めで使える6文字の言葉一覧

◆継続は力なり(けいぞくはちからなり)
◆山あり谷あり(やまありたにあり)
◆未知への挑戦(みちへのちょうせん)
◆幸せを感じる(しあわせをかんじる)
◆時間を大切に(じかんをたいせつに)
◆自分を信じて(じぶんをしんじて)
◆誰かのために(だれかのために)
◆新たな気持ち(あらたなきもち)
◆無限の可能性(むげんのかのうせい)
◆一歩ずつ前へ(いっぽずつまえへ)
◆限界を超える(げんかいをこえる)
◆振り返らない(ふりかえらない)
◆負けるが勝ち(まけるがかち)
◆夢に向かって(ゆめにむかって)
◆今日を大事に(きょうをだいじに)
◆行動あるのみ(こうどうあるのみ)
◆最善を尽くす(さいぜんをつくす)
◆七転び八起き(ななころびやおき)
◆嫌われる勇気(きらわれるゆうき)

さらに、普通は4~5文字の言葉でも、一部ひらながに変えることで6文字の言葉にすることができます。

小学校低学年くらいなら、以下のようにひらがなの多めの言葉のほうが書きやすいと思います。

◆夢をかなえる(ゆめをかなえる)
◆うつくしい心(うつくしいこころ)
◆いそがば回れ(いそがばまわれ)
◆はじめの一歩(はじめのいっぽ)
◆つよく生きる(つよくいきる)
◆かがやく未来(かがやくみらい)
◆いまを生きる(いまをいきる)
◆人にやさしく(ひとにやさしく)
◆新たなけつい(あらたなけつい)
◆素直なこころ(すなおなこころ)
◆未来をつくる(みらいをつくる)
◆ちいさな一歩(ちいさないっぽ)
◆あきらめない
◆やればできる

以上、書き初めで使える6文字の言葉一覧でした。

これら以外にもたくさんあると思うので、いい言葉が見つかり次第、随時追加していきます。

※関連記事:書き初めで書く言葉!3文字でおすすめは?熟語も紹介!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする