日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか

日曜日に「来週」と言われた場合、いったいいつのことを指すのでしょうか?

例えば、日曜日に友達と遊びの予定を調整していて、

来週の火曜日ね!

と言われた場合、2日後の火曜日のことを指すのか、もしくは9日後の火曜日のことを指すのかわからないことがあります。

・そもそも「来週」とはいつから始まるのか?
・一週間とはいつから始まるのか?

今回の記事ではこのような疑問に答えていきます。

スポンサードリンク

日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか

そもそも、一週間がいつから始まるのかは国や地域によって異なり、
文化や宗教などの違いから、

・「月曜日」から始まる国
・「日曜日」から始まる国

と分かれています。

日本では歴史的に見ると日曜日が週の始まりで、多くのカレンダーでも日曜日から曜日が書かれていますが、
もっとも今回のようなケースで重要となるのは、一般の人がどう認識しているかです。

日本では多くの会社勤めの人・学生は、月曜日から金曜日まで会社や学校へ行き、
その後土日は休み、そしてまた月曜日から会社・学校へ行きます。

このような生活サイクルを繰り返していることから、
現実問題として、月曜日が週の始まりと認識している人は少なくありません。

カレンダーについても、ビジネス用のものなどは月曜日から始まっており、
国際標準(国際規格)でも、週の始まりは月曜日とされています。

また、一般に「今週末」と言う場合、今週末とは金曜日から日曜日にかけての期間を指すことが通常であり、
天気予報などでも、「今週末」といえば直近の金曜日から日曜日のことを指します。

今週の土日」と言う場合に、まさか過ぎ去った日曜日と、そこから5日後の土曜日のことを指すとは誰も考えないでしょう。

私たちは学校などで、

・一週間は日曜日から始まる

と教わりますが、実際問題としては月曜日から始まるという感覚のほうが強く、
このどちらを重視しているかによって、週の始まりをどう認識しているかは変わってくるでしょう。

もちろん、一般用語として「今週の土日は…」などと言いつつ、
週の始まりは日曜日と考えている、ある意味ではダブルスタンダードな人もいます。

そのため、日曜日に話していて「来週の…」という単語が出た時、
これがいつのことを指すのか、何日後のことなのかは言葉だけからはわかりません

文脈から判断するか、その場で(もしくは後からでも)、日付を確認するのがベストな対応といえます。

こんな取るに足らないことでトラブルが起きたり、人間関係に支障をきたしたりするのはもったいないので、
日ごろから予定を確認する際は、曜日日付を言い合うようにするといいですね。

▼まとめ(日曜日に「来週の火曜日」と言われた場合)
・週の始まりを月曜日と考える場合→2日後の火曜日
・週の始まりを日曜日と考える場合→9日後の火曜日

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする