日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか? | スクールレスキュー

日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか?

日曜日に「来週」と言われた場合、一体いつのことを指すのでしょうか?

例えば、日曜日の夕方に友達と予定を調整していて、

「来週の火曜日ね!」

」と言われた場合、2日後の火曜日を指すのか、それとも9日後の火曜日を指すのか、分からないことがあります。

・そもそも「来週」とはいつから始まるのか?
・「1週間」とはいつから始まるのか?

今回の記事では、こうした疑問について考察してみました。

日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか?

実は、1週間がいつから始まるのかについては国や宗教、文化によって異なっており、

①月曜日から始まる国
②日曜日から始まる国

この2通りに分かれているようです。

日本では、歴史的に見ると日曜日が週の始まりのようで、現に多くのカレンダーで日曜日から曜日が書かれています。

しかし、冒頭のようなケースや日常生活で重要となるのは、一般の人がどう認識しているかで、公的な見解はそこまで役に立たない場合があります。

一般社会の実情

日本では多くの学生や会社員が、月曜日から金曜日までは学校や会社へ行き、その後土日は休み、そしてまた月曜日から学校や会社へ行くというサイクルを繰り返しています。

こうした生活サイクルが当たり前のものとなっていることから、実際には「月曜日が週の始まり」と認識している人は少なくありません。

だいたい日曜日の夕方くらいになると、

「また明日から1週間が始まる…」

と憂鬱な気分になる人も多いでしょう。

売られているカレンダーについても、実はビジネス用のものなどは月曜日から始まっているものも多く、国際標準(国際規格)でも週の始まりは月曜日とされているようです。

さらに、一般に「今週末」と言う場合、基本的には金曜日から日曜日にかけての期間を指すことが多いでしょう。

天気予報などでも「今週末」といえば、直近の金曜日から日曜日あたりまでのことを指します。

「今週の土日」と言う場合についても、まさか過ぎ去った日曜日と、そこから5日後の土曜日を指すとは誰も考えないでしょう。

あくまで「土曜日と日曜日は連なっている」と考えるはずです。

そう考えると、

  • 実際には「1週間」や「来週」は月曜日から始まると認識されている

という見方も十分できるのだろうと思います。

具体的な日付を確認してトラブル防止

私たちは学校などで、

  • 1週間は日曜日から始まる

と教わりますが、実際には月曜日から始まっているという感覚のほうが強いのかもしれません。

教わった知識と日常的な感覚、どちらを重視しているかによって週の始まりをどう捉えるかは変わってくるでしょう。

日常的な表現としては「今週の土日は…」などと言いつつ、あくまで週の始まりは日曜日と考えている、ある意味ダブルスタンダードな人もいます。

そのため、日曜日に話していて、

「来週の…」

という言葉が出てきた際、これがいつのことを指すのかは、言葉だけからはわかりません。

文脈から判断するか、その場で(もしくは後からでもいいので)具体的な日付を確認するのがベストといえます。

友達などと予定の調整をする際は、曜日と日付をセットで言うようにするといいですね。

最後に、冒頭の事例についてまとめると以下のようになります。

【事例】日曜日に「来週の火曜日ね!」と言われたら?
・週の始まりを月曜日と考える場合→2日後の火曜日を指す
・週の始まりを日曜日と考える場合→9日後の火曜日を指す

コメント

タイトルとURLをコピーしました