雑学・知恵袋

日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日曜日に「来週」と言われた場合、いったいいつのことを指すのでしょうか?

例えば、日曜日に友達と遊びの予定を調節していて、

来週の火曜日ね!

と言われた場合、2日後の火曜日のことを指すのか、もしくは9日後の火曜日のことを指すのか、わからないことがあります。

・そもそも「来週」とはいつから始まるのか?
・一週間とはいつから始まるのか?

今回の記事では意外と明確な答えが決まっているわけではない、このような疑問に答えていきます。

日曜日に「来週」と言われたら?「来週」とはいつから始まるのか?

そもそも、一週間がいつから始まるのかは国や地域によって異なり、文化や宗教などの違いから、

・「月曜日」から始まる国
・「日曜日」から始まる国

の2通りに分かれています。

日本では歴史的に見ると日曜日が週の始まりで、多くのカレンダーでも日曜日から曜日が書かれています。

ただ、今回のようなケース、日常生きていく上で重要となるのは、一般の人がどう認識していいるかです。

日本では多くの会社勤めの人や学生は、月曜日から金曜日まで会社または学校へ行き、その後土日は休み、そしてまた月曜日から会社または学校へ行きます。

このような生活サイクルが当たり前のものとなっていることから、実際には、月曜日が週の始まりと認識している人が少なくありません。

カレンダーについても、ビジネス用のものなどは月曜日から始まっており、国際標準(国際規格)でも週の始まりは月曜日とされています。

また、一般に「今週末」と言う場合、今週末とは金曜日から日曜日にかけての期間を指すことが通常であり、天気予報などでも「今週末」といえば、直近の金曜日から日曜日のことを指します。

さらに「今週の土日」と言う場合に、まさか過ぎ去った日曜日と、そこから5日後の土曜日のことを指すとは誰も考えないでしょう。

土日は連なっていると考えるはずです。

私たちは学校などで、

・一週間は日曜日から始まる

と教わりますが、実際問題として、一週間は月曜日から始まるという感覚の方が強く、教わった知識、日常的な感覚、このどちらを重視しているかによって、週の始まりをどう捉えるかは変わってくるでしょう。

もちろん、一般用語として「今週の土日は…」などと連なった日を意識して言いつつ、週の始まりはあくまで日曜日と考えている、ある意味ダブルスタンダードな人もいます。

そのため、日曜日に話していて、「来週の…」という言葉が出てきたとき、これがいつのことを指し示すのか、言葉だけからはわかりません

文脈から判断するか、その場で(もしくは後からでも)具体的な日付を確認するのがベストといえます。

このような取るに足らないことで他人とトラブルになるのももったいないので、日ごろから予定を確認する際は、曜日と日付を言い合うようにするといいですね。

日曜日に「来週の火曜日」と言われた場合
・週の始まりを月曜日と考える場合→2日後の火曜日
・週の始まりを日曜日と考える場合→9日後の火曜日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください