学校で告白するなら場所はここ!呼び出し方も解説! | スクールレスキュー

学校で告白するなら場所はここ!呼び出し方も解説!

学生時代の恋愛は、成功しても失敗しても後から振り返ってみればとてもいい思い出になります。

大人になるといろいろな利害関係が絡んできますので、学生時代はある意味、純粋な恋愛を楽しめる貴重な機会といえるでしょう。

また、大人になってから恋愛で痛い失敗をしないためにも、学生時代にたくさん恋愛をしておいたほうがいいという説もあります。

もし今、意中の異性がいるのであれば、ぜひ勇気を出して告白してみましょう。

今回の記事では、もし学校で告白するなら場所はどこがいいのか?という点について考察しました。

学校で告白するなら場所はここがおすすめ!

告白場所を選ぶ上で最も重要なのは、できるだけ誰も来ない場所を選ぶということです。

ドラマなどではみんなの前で告白する大胆なシーンがたまにありますが、実際にはまれ。

誰かが見ている前だと、告白をOKしようにも恥ずかしくてできないことがあります。

そのため、時間帯についても、できるだけみんなが帰ってしまった放課後などがいいでしょう。

ちなみに、告白の成功率は夜が圧倒的に高いと言われています。

学校に夜まで残るのは難しいでしょうし、夜まで待たせるのも相手に迷惑ですが、できるだけ日が落ちてきた時間帯、夕方などを狙うのがやはり学校での告白でも鉄板と言えます。

以上を踏まえ、学校でおすすめの告白場所5選を紹介していきます。

①体育館裏・校舎裏

学生の告白場所でよく選ばれているのが、この体育館裏・校舎裏です。

特別な事情がない限りまず誰も来ませんし、2人きりになれるのでおすすめです。

また、日陰になっているのである程度「暗い」というのもポイントです。

もちろん、暗ければいいというものでもありませんが、やはり太陽がガンガン照っている青空の下とかでは雰囲気は出ません。

また、これはケースバイケースなのですが、恋愛には「吊り橋効果」というものもあります。

これは不安や緊張から来るドキドキを、相手に対するドキドキ(好意)だと錯覚してしまうというものです。

暗い場所では人は本能的に不安になりますし、危険な場所もまたしかりです。

体育館裏が危険とまでは言えないかもしれませんが、人があまり踏み入れない場所で、そこまで整備もされていない場所といえます。

告白の結果はテクニックでどうこうなるものでもありませんが、こうした視点も少しは意識するといいでしょう。

②校舎の屋上

校舎の屋上も告白場所としてよく選ばれているようです。

人があまり来ない場所でもありますし、高い場所ということで吊り橋効果とも少し関係があります。

ただ、屋上は危ないため閉鎖している学校も多く、その場合は使えません。

屋上と似た場所として、非常階段という選択肢もあります。

いずれも共通しているのは、ちょっと危険で「隠れスポット」的な場所という点です。

学校を探せば、こうした場所が意外と何か所かは見つかるものですので、ぜひ探してみてください。

③放課後の教室

①や②がわざとらしいと感じられる場合は、放課後の教室がおすすめです。

にぎやかな昼間の教室から一転、放課後の教室は静まり返り、どこか神秘的な雰囲気にすら包まれます。

窓から夕日が差し込むシチュエーションなどは最高でしょう。

ただ、自分のクラスの教室の場合、クラスメイトや先生が忘れ物などを取りに来る可能性はあります。

そのため、確実に2人きりで、誰にも邪魔されずに告白したいという人にはやや不向きといえるかもしれません。

自分のクラスの教室ではなく、空き教室や準備室など、人があまり来なさそうな教室を選ぶのもおすすめです。

本が好きなら図書室、音楽が好きなら音楽室、という感じでお気に入りの部屋を選んでもいいでしょう。

学校で告白!呼び出し方は?

告白の場所は決まったとして、次にどうやって呼び出すのが適切でしょうか?

LINEを知っているならLINEで呼び出してもいいですが、より真剣さが伝わるのはやはり手紙です。

「話したいことがあります。放課後、体育館裏に来てください。待ってます。」

といったシンプルな手紙がおすすめです。

何の用件かは書かないほうが相手は動揺・緊張しますので、吊り橋効果的にもいいですね。

手紙は下駄箱やロッカー、机の引き出しなどに入れておいてもいいですが、周りに見られてしまってネタにされる危険性もあります。

相手が1人でいる時に手紙だけそっと渡すとよいかもしれません。

いずれにしても、呼び出し方でそこまで結果が変わるわけでもないので、思いついた方法で大丈夫かと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました