大学追いコンでの挨拶!在校生代表・幹事からの例文!

大学のサークルやゼミ、部活などの追いコンで、在校生代表・幹事からのお祝いの挨拶。

乾杯の前や場が落ち着いてきたころなど、タイミングはそれぞれだと思いますが、いったいどんなことを話せばいいのでしょうか?

今回の記事では、そんな大学を卒業される先輩方の心に響く、在校生代表・幹事からの挨拶のポイントと例文を取り上げます。

スポンサードリンク

追いコンでの挨拶!在校生代表・幹事からの例文

1. お祝いの言葉を述べる

挨拶の冒頭では、大学を卒業される先輩方へ、卒業のお祝いの言葉を述べましょう。

この部分は基本的に、決まりきった表現・言葉でかまいません。

▼挨拶の例文1
みなさま、本日はお集まりいただきありがとうございます。
追いコン幹事の○○○○です。
まずは先輩方、この度は大学卒業おめでとうございます。
在校生を代表いたしまして、お祝いの言葉を申し上げます。

2. 感謝の言葉を述べる

続いて、時間の許す限り、先輩との具体的なエピソードを交えながら、これまでの感謝の言葉を述べましょう。

ここでは、団体の種類や会場の雰囲気にもよりますが、面白エピソードやぶっちゃけた話などを盛り込んでもかまいません。

▼挨拶の例文2
先輩方と出会って早三年、これまでいろいろなことがありました。
私が最初に出会ったのは、○○先輩です。
体験入部の時、右も左も分からず、キョロキョロしていた私に、優しく声をかけてくださいました。
それをきっかけに、他の先輩方とも徐々に馴染んでいき、今では…(中略)
▼挨拶の例文3
先輩方には本当にお世話になりました。
練習ではいつも私たちをリードしてくれて、私たちが落ち込んでいる時、壁にぶつかった時には、いつも必ず手を差し伸べてくれました。
先輩方は私たちの目標で、先輩方に少しでも近づけるよう、これまで必死に努力を続けてきました。

スポンサードリンク

3. 先輩方へのエールの言葉を述べる

最後に、大学を卒業して次のステージへと進まれる先輩方に、これからも応援しているということ、エールの言葉を述べましょう。

・先輩方が作り上げたものは必ず私たちが引き継いでいきます
・私たちはいつでも先輩方を歓迎します

などのメッセージを交えつつ、先輩方が安心感を得られるような挨拶にしましょう。

▼挨拶の例文4
そんな先輩方とお別れするのは、寂しい気持ちももちろんありますが、次のステージでも立派に活躍されている先輩方の姿を想像すると、少し誇らしい気持ちにもなります。
在校生一同、先輩方の今後の活躍を心からお祈りしております。
▼挨拶の例文5
先輩方が作り上げた○○部は、これからも私たちが必ず守り抜いていきます。
どうか安心して次のステージへと進まれてください。
もちろん、私たちはいつでも先輩方を歓迎します。
気が向いた時、近くを訪れた時にはいつでも遊びにきてください。

これらを思う存分話したら、最後は、

以上をもちまして、在校生代表からの挨拶とさせていただきます

と言って挨拶を締めます。

乾杯の挨拶の場合は?

以上、在校生代表・幹事からの挨拶のポイントと例文を紹介してきましたが、乾杯の挨拶や締めの挨拶の場合は、ここまで長々と話す必要はありません。

お祝いの言葉と感謝の言葉を簡単に述べた後、

先輩方の今後の活躍を祈って、乾杯!

などと言って手短に済ませてしまって大丈夫です。

このあたりは挨拶をするタイミング、持ち時間に合わせて臨機応変に対応してください。

▼乾杯の挨拶の例
本日はお集まりいただきありがとうございます。
まずは先輩方、ご卒業おめでとうございます!
先輩と出会って早三年、これまで本当にお世話になりました。
今日は短い時間ではありますが、○○部で過ごす最後のひと時を、思う存分楽しんでいってください。
それでは、先輩方の今後の活躍を願って、乾杯!

以上、今回の記事が追いコンでの挨拶の参考になれば幸いです。

※関連記事:追いコンの出し物案!面白いものから感動するものまで!

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする