こたつの消し忘れ!火事になる?電気代は?

寒い冬には中に入って温まりたくなるこたつですが、意外と消し忘れの多い電化製品でもあります。

こたつを消し忘れて外出してしまった場合、火事になる危険性はあるのか?

また、その間の電気代は?

スポンサードリンク

こたつの消し忘れ!火事になる?

まず、こたつを消し忘れて外出してしまったからといって、そこまで簡単に火事になるわけではありません。

最近は、温度を自動で調節してくれるサーモスタット機能や、一定時間が経過すると自動で電源がOFFになる機能がついているこたつも増えており、そのようなこたつを使っているなら火事になる危険性はほとんどないといってよいでしょう。

ただし、そのような機能のついていない少し古めのこたつを使っていたり、洗濯ものなどを布団の中に入れていたりするなら少し注意が必要です。

例えば、こたつの温度を「強」にしていたり、洗濯ものがこたつのヒーターの部分に長時間接触していたりすると、最悪火事に発展してしまうおそれもあります。

また、こたつの布団を中に押し込んでいる場合も注意が必要です。

特に、一日中など長時間つけっぱなしにしている場合、それだけ火事のリスクは高まります。

こたつの消し忘れによる火事の報告は、そこまで数が多いわけではありませんが、決してゼロではありません。

不安なら一度家まで確認しに戻るか、その他何らかの対策を講じる必要があります。

旅行や帰省などで長期間家に帰れない場合、例えばマンションなら大家さんや管理人さんに頼んで確認してきてもらう、一軒家なら電力会社に連絡して電気を止めてもらうなど、それぞれ必要な対策を講じましょう。

比較的新しめのこたつを使っているならそこまで心配する必要はありませんが、火事が起きてしまってからでは「後の祭り」です。

特にこたつの中に何か可燃物を入れている場合、最悪の事態を想定して対策を講じることをおすすめします。

こたつの消し忘れ!電気代は?

こたつにかかる電気代については、実はそこまで高いわけではありません。

一時間使って、だいたい2~5円ほど。

一日中つけっぱなしにしていても、せいぜい100円程度です。

こたつを消し忘れて火事になる危険性と比べれば、電気代などほとんど取るに足らないものといってよいでしょう。

中には、あくまで「弱」でですが、冬の間つけっぱなしにする人もいるくらいです。

こたつを消し忘れた際は、まずは火事に発展する要素がなかったかを考え、必要なら上記の必要な対策を講じましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする