「~然とした」とは?意味や読み方について解説

○○然としたという言葉を聞くことがありますが、これはいったいどんな意味なのでしょうか?

例えば、

・紳士然とした態度で…

という時、この「然」の意味や読み方とは?

今回の記事では、「○○然とした」の意味や読み方について取り上げます。

スポンサードリンク

「○○然とした」とは?

「然」という言葉が、○○然としたという風に名詞にくっついて使われる場合、これは、

・まるで○○のような様子であること
・いかにも○○のような様子であること

などの意味を表します。

読み方は、○○ぜんとしたです。

例えば、「紳士然とした態度で…」と書かれていたら、

・まるで紳士のような態度で
・いかにも紳士のような態度で

などの意味を表すことになります。

その人が本当に紳士かどうかはわからないが、その人の見た目や態度、立ち振る舞いなどからいかにも紳士っぽい(紳士らしい)というニュアンスです。

逆に、「紳士然としていない」と否定形で書かれていたとしたら、その人は本当は紳士なのかもしれないが、見た目や態度、立ち振る舞いなどがまったく紳士っぽくない(紳士らしくない)というニュアンスを表すことになります。

すなわち、「然」という言葉には、

・そのものが持つ本質・本性

といった意味が含まれているといっていいでしょう。

▼その他の例文
・「淑女然とした」→いかにも淑女のような様子・態度で
・「貴族然とした」→いかにも貴族のような様子・態度で
・「学者然とした」→いかにも学者のような様子・態度で
・「母親然とした」→いかにも母親のような様子・態度で
・「旦那然とした」→いかにも旦那のような様子・態度で

もちろん、人だけではなく物にくっついて使われることもあります。

意味やニュアンスなどは、最終的には文脈判断となりますが、基本的にいかにも○○のようなという訳を当てておけば問題ありません。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする