部活の三送会(3年生を送る会) での贈る言葉と後輩への言葉の例

卒業が近づくと、多くの部活で三送会(3年生を送る会)が催されます。

部活の三送会には、卒業生と在校生だけで行われるパターン、保護者も交えて行われるパターンなどがありますが、今回の記事では、

・在校生代表から卒業生への「贈る言葉」
・卒業生から後輩への言葉

これら2つの例を紹介していきます。

贈る言葉・後輩への言葉は、あくまで自分自身で考えるべきものなので、今回の記事はあくまで参考程度、頭の中を整理する材料として使ってくださいね。

スポンサードリンク

三送会(3年生を送る会)での贈る言葉

まずは、在校生代表から卒業生への贈る言葉の例です。

▼例文1
3年生のみなさん、ご卒業おめでとうございます。
在校生を代表しまして、お礼の言葉を述べさせていただきます。
先輩方には2年間ないし1年間、本当にお世話になりました。
先輩方はいつも、私たちの憧れの対象であり、目標でした。
練習では時に厳しく、時に優しく○○を教えていただき、先輩方が真摯な態度で練習に取り組む姿、試合で奮闘する姿からもたくさんのことを学ばせていただきました。
先輩方が私たちに立派な背中を見せ、引っ張っていってくれたからこそ、私たちもここまでやってこれたのだと思います。
私たちも先輩方のようになれるよう、これからも努力を続けていきたいと思いますし、先輩方が教えてくれた○○の技術、○○への情熱、○○の面白さは、私たちが必ず引き継いでいきます。
先輩方とお会いできなくなるのは寂しいですが、どうか安心して次のステージへと進まれてください。
先輩方の今後の活躍をお祈りして、三送会の贈る言葉とさせていただきます。

これは在校生代表からの言葉の例ですが、もう少し長い時間話せるなら、先輩との具体的・個人的エピソードを盛り込んでもかまいません。

▼例文2
まだ○○部に入部したばかりのころ、右も左も分からず泣きそうになっていた私に、○○先輩が優しく声をかけてくれて、○○の基礎をいろいろと教えていただいたのを覚えています。
そのおかげで私は○○のことが好きなり、徐々に部にも溶け込めるようになりました。
(中略)

先輩とのエピソードを振り返り、特に印象に残っていること、思い出に残っていることを話せばOKです。

スポンサードリンク

三送会(3年生を送る会)での卒業生から後輩への言葉

続いて、卒業生から後輩への言葉の例です。

▼例文3
今日は私たちのためにこのような素敵な会を開いていただきありがとうございます。
これまで3年間、この部活でたくさんの人にお世話になりました。
まずは、顧問の○○先生。
時に厳しく、時に優しく○○を教えていただきありがとうございました。
私たちが試合に負けて落ち込んでいる時は、いつも励ましの言葉をかけていただき、「また明日から練習頑張ろう」という勇気を与えてくださいました。
私たちが安心して練習に取り組むことができたのも、○○先生が陰で支えていてくれたからです。
本当にありがとうございました。
そして後輩のみなさん。
今まで私たちについてきてくれてありがとうございました。
後輩のみなさんの支えがあったからこそ、私たちはここまで頑張ってこれたのだと思います。
部活を続けていく中では、正直つらいこと、やめたくなることもありましたが、ともに戦う仲間と励まし合い、時に真剣に議論を交わし合ったことで、何とかその壁を乗り越えることができました。
後輩のみなさんも、これから大変なこと、つらいことなどたくさんあると思いますが、どんな時でも仲間を大切に、仲間と協力し合いながら一つ一つ乗り越えていってください。
そして何より、このメンバーで○○ができるのは今しかないので、思う存分○○を楽しみ、来年入ってくる後輩にも○○の楽しさを教えてあげてください。
最後になりますが、私はこの○○部で、諦めないことややり遂げることの大切さを学ぶことができ、人間的にもより一層成長することができました。
私の○○生活は、○○部なくしてありえませんでした。
今まで本当にありがとうございました。

例文では顧問の先生も出席している前提ですが、ここは省略してもかまいません。

以上、各種例文を紹介してきましたが、たとえ上手にまとめられなくても、三送会ではあくまで自分自身の言葉で話すことが大切です。

これまでの三年間を振り返り、卒業を控えた今の気持ちを正直に話してくださいね。

※関連記事:部活の三送会(3年生を送る会)での保護者会長からの挨拶文

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする