習い事を辞める時のお礼(大人編)マナーと品物について

長いこと続けてきた習い事を辞める時は、先生にお礼を言うのがマナーです。

・習い事を始めたけど合わなくてすぐに辞める

とかであれば、先生に電話するだけでもいいかもしれませんが、
数か月~数年続けてきた場合、そういうわけにもいきません。

今回の記事では、習い事を辞める際のお礼のマナーと、
お礼の品物について書いていきます。

スポンサードリンク

習い事を辞める時のお礼(大人)マナーは?

まず、習い事を辞める時のお礼は、先生に直接言いにいくのがマナーです。

次回以降の練習に行きたくない、翌月の月謝を払いたくないなどの場合、
辞める旨は電話で伝えてもいいですが、お礼には直接行きましょう。

もちろん、レッスンの最終日に伝えてもokです。

先生へのお礼は、もちろん言葉で感謝の気持ちを伝えるだけでも悪くはないですが、
長いことお世話になった先生なら、何かお礼の品を用意したほうがいいでしょう。

特にレッスンの最終日ではなく、日を改めてお礼に行く場合、
手ぶらでは少々寂しいと思います。

お礼の品の金額の相場は、だいたい3000円くらい高くても5000円まででしょう。

また、品物には手紙やメッセージカードなどを添えてあげると喜ばれます。

内容としては、

・先生の指導のおかげでその習い事が好きになり、できればこれからも続けていきたい

ということを中心に伝えるようにしましょう。

スポンサードリンク

お礼の品は何がいい?

品物の内容については、特別なマナーがあるわけではありません。

あまりにも安すぎるものを贈るのは避けたほうがいいですが、
基本的には品物は何でもOKです。

ただ、もっとも人気があるのは、やはりお菓子スイーツです。

特にこだわりがないのであれば、

・クッキー
・焼き菓子
・せんべい
・まんじゅう

などの詰め合わせを買っていくのをおすすめします。

先生の好みが分からないなら、商品券ギフト券なども選択肢の1つです。

ただ、以前に比べれば薄まってきてはいますが、

・目上の人に商品券やギフト券を贈るのは失礼

という謎のマナーも(一部では)浸透しているようです。

基本的には贈っても差し支えありませんが、これが気になるなら、
上で紹介したお菓子やスイーツを贈るといいでしょう。

商品券やギフト券が「失礼」とされるのは、

・商品券やギフト券→「自分で選びなさい」

という意味があるからだそうです(ただ個人的には疑問です)。

以上、習い事を辞める際のお礼(大人)についてでした。

長く続けてきたということは、それだけ人間関係も密になっていると思うので、
お互い気持ちよく関係を終えられるようにしましょう。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする