小学校の2学期終業式の校長講話で話す内容は?

今年も残すところあとわずかとなり、そろそろ2学期終業式が近づいてくるころだと思います。

小学校の2学期終業式で校長講話・挨拶を任された場合、どんなことを話せばいいのでしょうか?

今回の記事では、小学校の2学期終業式の校長講話で実際に話されていること定番の話題などを紹介します。

3学期制を想定して書いているので、2学期終業式とは、年末年始のお休みのことになります。

スポンサードリンク

小学校の2学期終業式の校長講話

それでは、校長講話の内容(具体例)を紹介していきます。

実際の終業式で話されていること、定番の話題は以下のとおりです。

◆2学期を振り返る

2学期は多くの学校で行事が目白押しで、校外へ出かけることも多かったと思います。

それらの行事を学年別に振り返り、頑張っていたこと・成長できたことなどを話すのは定番といえます。

また2学期終業式は年の瀬でもあるので、今年一年間を振り返って、頑張ったこと・成長などを話すのもいいでしょう。

その際、年の初めや始業式の時に生徒と約束したこと、取り組んでほしいと言ったことなどについても振り返り、
それらが達成できていたかを確認しましょう。

◆冬休み・年末年始について

これから冬休み・年末年始休暇に入るにあたって、年末年始に訪れる行事ごとについて触れるのも定番といえます。

特にお正月といえば、

・初詣や書き初めなどの行事
・しめ縄や門松などの飾り
・お雑煮やおせち料理などの食べ物
・たこ揚げや羽根つきなどの遊び
・「あけましておめでとう」などの挨拶

といった、古くからの日本の風物詩が目白押しです。

これらについてその由来を説明したり、豆知識を紹介するのもいいでしょう。

スポンサードリンク

◆生徒に守ってほしいこと

最後に、冬休みの間に生徒に守ってほしいこと、取り組んでほしいことなどについても話しておきましょう。

・年末年始は忙しくなるので、家族の手伝いをすること
・元旦には一年の目標を決めたり、家族と語り合ったりすること
・これからどんどん寒くなるので、風邪をひかないようにすること
・生活リズムを崩さず、読書・運動などを継続すること
・また3学期の始業式に元気な姿で登校してくること

などがよく話されている内容です。

特に「一年の計は元旦にあり」という言葉もあるとおり、
元旦には一年の目標・計画などを立てるのが大切です。

これらを生徒と約束した上で、最後に3学期の始業式についても触れて、挨拶・講話を締めましょう。

以上、小学校の2学期終業式の校長講話についてでした。

今回の内容を参考に当日話す内容を整理していただき、校長講話に役立ててください。

スポンサードリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする